2018年7月16日月曜日

北アルプス

先ほど知人から槍ヶ岳などの写真とレポが届きました。

7月13日~15日の3日間で新穂高~槍ヶ岳(槍ヶ岳山荘泊)~奥穂高岳(穂高岳山荘泊)~ジャンダルム~西穂高岳~新穂高(旧歩荷道使用でロープウェイを使わずに徒歩下山)に行って来ました。
天候は初日は午後から少しガスが出ましたがほぼ最高の天気でした。
ただ高所でもかなりの暑さでした。
小屋もかなりの混雑でしたが幸いにも布団1枚は使えました。
(2日目は遅い到着の人は2人/1枚だったみたいです)
また西穂から来た人と話をしたらこちらはアクセスが良いこともあり2~3人/1枚だったみたいです。

今回のテーマは
1.まだ歩いたことのない北穂高岳~穂高岳山荘を歩くこと
2.前回は雨&ガスの中歩いた奥穂~西穂を天気の良い中絶景を堪能しながら歩くこと
3.ロープウェイを使わないで下山して完全に周回することでした。
幸い全てをクリアすることが出来ました。

最終日は連休中日のため物凄い人で、間ノ岳(奥穂高岳~西穂高岳の3/4地点辺りにあるピーク)~西穂高岳でも20人くらいすれ違いました。
その先は更に凄い人でした。
早い時間に行動して正解でした。
ゆっくりしていたら大渋滞に巻き込まれて大変になりそうでした。

西穂山荘では名物のラーメンを頂きました。
前回は醤油だったので今回は味噌にしましたが、私的には味噌の方が気に入りました。

北アルプス、特に槍、穂高周辺はかなり整備されていて小屋も多く食事まで出来るので山の中にいるとは思えない便利さです。(IW)

槍ヶ岳


槍ヶ岳山頂


ブロッケン現象

 見事な雲海

北穂高山荘から見る槍ヶ岳と大キレット

北穂高小屋から見る富士山と雲海 

穂高岳山荘から見る日没

奥穂高岳山頂

朝焼けの中の富士山

ジャンダルムで日の出を迎える人々

日の出直前のジャンダルム

 ジャンダルムから見る西穂高岳方面

ジャンダルムの天使

有名な逆層スラブ

こんな感じの岩峰ルートです

西穂高岳 賑わっています

 山頂標識と奥には笠ヶ岳

.後半は平和な道です

賑わう西穂高山荘

ハクサンシャクナゲ

ゴゼンタチバナ

クルマユリ

ミヤマキンポウゲ

コバイケイソウ

イワカガミ

ミヤマオダマキ

ハクサンイチゲ

サンカヨウ

ミソガワソウ

コース等の詳細はヤマレコの方をご覧ください。 → こちら


モスクワ

先ほど知人からワールドカップの興奮が冷めやらぬモスクワの写真が届きました。

猛暑の中、皆さまそれぞれにアウトドアで活動をされていて、お疲れ様です。
暑くて大変でしょうけど、自然を満喫されていて羨ましいかぎりです。
私は、先々週1週間北海道の実家で両親の介護をし、先週1週間はお客さんを連れてロシアに出張でした。
金曜日に帰ってきましたが、流石に疲れ果ててしいまい、3連休は病院と地元のお祭りに出かけたくらいで、自宅で静養をしています。西日本の豪雨災害はモスクワの国営テレビのニュースでも大きく取り上げられていました。驚きで言葉を失いました。自然の脅威とは、本当に恐ろしいと感じました。亡くなられた方や被災された方々が本当にお気の毒です。
山や草花の写真ではないのですが、FIFAワールドカップ一色だったモスクワの赤の広場の写真を何枚かお送りします。
昨日で終わってしまいましたが、私がモスクワにいる時に、ちょうどクロアチアとイングランドの準決勝の試合がルジニキスタジアムでありました。仕事だったので観戦は出来ませんでしたが、街中至る所、宿泊したホテルにまで、赤と白のブロックチェックのTシャツを着たクロアチアのサポーターが何人かのグループで闊歩していました。
モスクワ市中心部のホテルはサポーターで占領されたおかげで、私たちは郊外の安ホテルしか取れませんでした。
本当に盛況でした。(FD)

赤の広場





FIFAワールドカップ一色







高野山

昨夜、知人から高野山の続報が届きました。

午前中はかなりタイトなスケジュールで、高野山の壇上伽藍、霊宝殿、金剛峯寺を見て回りました。
高野山は標高800mですが、かなり暑く、汗が吹き出ました…
戻る難波で関西風お好み焼きを食べて広島入りしましたが、夕食は広島お好み焼きでした。
共に暑くて、汗が止まりません。
どっちがオリジナルか分かりませんが、どちらも甲乙付けがたいくらい美味しかったです。
明日の夕方には広島を発ち、戻る予定です。(kei)

宿坊の朝食
2018年7月15日 keiさん撮影(以下同じ)

金剛峯寺

根本大塔

御影堂

綺麗な紫陽花

広島名物?ウニほうれん 有名らしいです

広島お好み焼き